浴室クリーニング

防カビマステを貼る前に!洗面所横のゴム部分をカビキラーで漂白しました

カビ汚れ防止マスキングテープを貼る前に洗面所横を漂白しました

『防カビ用のマスキングテープなら、取り換えるだけで掃除が楽チン!』という投稿に憧れて、DAISOで購入したカビ汚れ防止のマスキングテープ

洗面所の横に使おうー!

洗面所横ゴムの黒い汚れ

さっそく洗面所の横に使ってみようと意気込んでたら…

すでになんか黒い…

というわけで、マステを貼る前にまず洗面所横のゴム部分をお掃除することにしました。

使用したのは『ゴムパッキン用カビキラー』

今回使用したのは、ゴムパッキン用のカビキラー。

ゴムパッキン用カビキラーで洗面所横のゴムを漂白

この商品、先端が細くて塗りやすく、ゴムパッキンにはぴったりなカビキラーなんです。

お風呂窓のゴムパッキンに使用してみた様子は、こちらの記事をご覧ください↓

洗面所横のゴムを漂白する4つの手順

お掃除方法はこちらの4ステップ!

  1. 壁紙をマスキングテープで養生しておく
  2. ゴム部分にカビキラーを塗っていく
  3. ラップパックをして30分ほど放置
  4. ゴム手袋をしてカビキラーを丁寧に拭き取る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①壁紙をマスキングテープで養生しておく

今回は壁紙が傷んでしまうのが嫌だったのと、どこに塗ったかをわかりやすくするために、マステで養生してから漂白しました。

洗面所横のゴムを漂白する前に、壁紙を傷めないようマステで養生

3Mの業務用マステがはがれやすくて個人的にお気に入り。

色付きのマステを使うと、塗る場所がわかりやすくておすすめですよ。

マステは100均で売ってるものでももちろんOKです。

②黒くなっているゴム部分にカビキラーを塗っていく

マステで養生できたら、黒くなっている部分にカビキラーを直接塗っていきます。

ゴムパッキン用カビキラーを洗面所横のゴムにぬりぬり

やっぱりゴムパッキン用は塗りやすい!

③ラップパックをして30分ほど放置

できるだけキレイにしたかったので、念のためラップパックもして30分ほど待ちました。

洗面所横のゴムパッキンをカビキラーしてラップパック

30分待った後、確認してみると…

洗面所横のゴムパッキンをカビキラーしたら白くキレイになった

無事キレイになってるー!

黒く汚れていたところも、白くキレイになりました!

④ゴム手袋をしてカビキラーを丁寧に拭き取る

あとはゴム手袋をして、カビキラーをよく拭き取っていきます。

洗面所横のゴムパッキンをカビキラーしたあとの拭き取り作業

まずティッシュでぬぐってから、固く絞った雑巾で何度も拭きました。

水が流せない場所なので少し手間ではありますが、ティッシュや雑巾を使って何度か丁寧に拭き取ればOKですよ。

養生用のマステも捨てておきましょう。

もし落ちない汚れがある場合は一度綿棒でこすってみよう

もし30分放置しても汚れが残っている場合、一度綿棒などでこすってみると、汚れがジェルの力でふやけている影響で取れる可能性がありますよ。

わが家も綿棒でこすってみたら、無事にキレイに取れました。

防カビマステ生活はじめます

これで私も防カビ白マステ生活がスタートできそうです!

ABOUT ME
ラクジタン編集部
ラクジタン編集部は全員主婦のチームです✨ 毎日の家事を楽にして「自分の時間」を楽しみたい!主婦が実際に使ってみて「これよかったよ!」というお掃除・お役立ちグッズ、家事の裏技ちょっとしたコツなどなど発信中☺️
Line相談 QRコード
Line相談 QRコード

私たち主婦が試してみた情報です

取材記事の画像いろいろ取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。