洗濯機

洗濯槽クリーニング業者の費用相場とメリット

白い洗濯物に、黒いワカメみたいな汚れが付いていることがありませんか?その正体は、洗濯槽に繁殖したカビです。

服に着くとなかなか取れない上、カビを放置すると洗濯物が臭う原因にもなります。

ドラム式洗濯機に入れた服が乾かなくなった、と困っていませんか?ホコリが機械の内部に詰まっている可能性があります。

最近はプロの「洗濯機クリーニング」が人気。洗濯機の中の洗濯槽を外して、内部に付着しているカビやホコリを洗浄してもらえます。

料金やお掃除の内容、おすすめ業者さんを調べてみました。

縦型洗濯機クリーニングの費用と相場

縦型洗濯機クリーニングの相場は、13,000円〜20,000円くらいです。

値段に幅があるのは、部分的に分解するか・完全に分解するかの違いです。完全分解だと時間がかかるため、17,000円〜20,000円くらいが相場のようです。

料金相場を表にまとめてみました。(料金は税込です)

おそうじ本舗 おそうじ革命 くらしのマーケット
完全分解 23,100円 17,600円 業者による
11,900円〜15,000円
部分分解 12,100円 完全分解のみ 業者によるが
完全分解がメイン
ドラム式 18,700円 取扱なし 平均
31,000円
時間 2〜3時間 約2.5~3.5時間 業者による

ドラム式洗濯機のクリーニング

近年は横型のドラム型洗濯機が流行っていますが、乾燥した洗濯物が臭い・服が乾かない、などの悩みを抱える人も多いようです。

ドラム式はクリーニングが難しい場合が多いようですが、念の為にハウスクリーニング3社に電話で確認し、見積もりを取ってみました。

3社に事前に電話で確認した事

  1. ドラム型洗濯機のクリーニングの有無
  2. 駐車スペースの確保は必要か?又は駐車場代は実費?
料金 駐車場代
おそうじ本舗 18,700円 店舗により異なる
ダスキン 19,800円 有料
カジタク 対応不可 不要

ドラム式洗濯機の分解掃除は難易度が高いため、全国展開している大手企業では扱うのが難しいのが現状ですが、個人業者の中では対応してくれる会社もあります

東京の「江戸川クリーンサポート」さんを取材した記事はこちら。10時間かかっても洗濯物が乾かなかった不具合が見事に解消しました。

ドラム式洗濯機のクリーニングで、乾燥機能が復活 パナソニックの洗濯機(Panasonic VXシリーズ)を購入から6年が経過。いつの頃からか、乾燥機能が全然効かなくなって困っていまし...

おすすめ業者

おそうじ本舗
部分分解クリーニングが、安くて工程が早く終わるのが嬉しい。
大学と共同開発したオリジナル洗剤があり、従来は10時間かかっていた漬け置きが2時間にされている。
おすすめ度
部分分解 12,100円
完全分解 23,100円
ドラム式 応相談

詳細ページ公式ページ

くらしのマーケット

複数の業者から見積もりが取れる。大手と比較すると料金は2割ほど安い。
口コミや実績、プロフィールを見ながら比較して、自分にあった業者を選んで依頼することができる
アプリを使って、チャットでやりとりできるのも◎
おすすめ度
部分分解 13,200円〜14,300円
基本的に完全分解
完全分解 10,000円〜16,000円
ドラム式 18,700円

公式ページ

おそうじ革命
とにかくコスパがよい!時間単価がもっとも安く、交通費などの諸費用も込みの価格表示がわかりやすい。
がっちりマンデー!で紹介された、掃除オタクの社長がいる急成長中の会社。2ヶ月もの研修期間があり、術面も問題なし。
オススメ度
ポイント
  • 下請け業者や短期バイト、派遣スタッフなし。全て自社で教育したスタッフさんというのが安心
  • 土日祝も対応してくれるので、仕事をしている人でもお願いしやすいですね。割り増し料金もなし
  • 全て込みの価格なので、パーキング代などを請求されない
  • エコ洗剤を使っているので、子どもがいる家庭でも安心
  • 優しい割引制度あり、ペット割引3%、マタニティ割引10%

公式ページ

ダスキン
ドラム式洗濯機も公式対応しているのがすごい!
対応は部分分解のみ。浸け置き時間が12時間かかるため、排水やすすぎ作業は自分でやらないといけないのが難点。
以前は完全分解もやっていたけれど、現在は撤退している。
おすすめ度
部分分解 14,300円
完全分解 対応なし
ドラム式 19,800円

公式ページ

完全分解と部分分解の違い

完全分解と部分分解の大きな違いは、洗濯槽を完全に取り外すか、フレーム部分のみを取り外すかという点です

完全分解の場合、部品を完全に取り外して高圧洗浄するので、カビや汚れをほぼ100%、落とせるのが特徴です。

引用:おそうじ本舗公式HP

部分分解の場合、洗濯槽の上部カバーのみを外し、洗濯槽はそのままで、フレームとの隙間に専用ブラシを入れて回転させ、カビをこすり落とします

引用:おそうじ本舗公式HP

部分分解でもキレイになるの?

結論から言うと、部分分解で十分にキレイになると思います。

完全分解で汚れが落ちる割合を100%とした場合、部分分解は、その80%くらい。
洗濯槽の裏底は、どうしてもブラシが届かないので、汚れが残ってしまいます。

部分分解で洗えるところ・洗えないところ

しかし、残りたった2割の汚れを取るために、時間も料金も2倍かかってしまうのは、個人的には、ちょっと非効率な気がします。

どうしても完璧な仕上がりを求める方は、完全分解を利用しましょう。
費用を抑えて安くキレイにしたい方は、部分分解をオススメします。

今年、洗濯機の部分分解クリーニングを体験したので記事を書いています。

おそうじ本舗で洗濯機・ビートウォッシュをクリーニングした口コミ 購入して2年目になる洗濯機、日立ビートウォッシュのクリーニングを「おそうじ本舗」に依頼しました。 以前、洗濯機カビキラーで自分で...

注意点・追加料金になる機種がある

洗濯機の機種によっては、構造上、分解に時間がかかるものがあり、3,000円〜5,000円くらいの追加料金が発生したり、業者によっては、クリーニング自体を断られるケースもあります

追加料金が発生することが多い機種の代表例を挙げておきます。

追加料金になるメーカーと機種

・日立 ビートウォッシュ
・日立 白い約束

この他、温風乾燥機能付きの洗濯機も、構造が複雑で分解に時間がかかるため追加料金になる場合があります。

発注前に必ず見積もりを取り、総額がいくらになるのか確認をとりましょう。

業者に依頼するメリット

洗濯機クリーニングは自分でもできますが、購入から3年以上が経過しているのであれば、一度、業者のクリーニングをしたほうが良いと思います。その理由をご説明します。

1. 高圧洗浄や専用ブラシで、カビを確実に除去できる

オキシクリーンなどを使って、自分で洗濯機の掃除をする方法がありますが、すでに汚れがひどい状態でやると、もっとカビが出てきてしまう場合があります。

私も経験があるのですが・・・洗濯機クリーナーでカビ取りをした後、10回くらいすすいでも、黒いワカメみたいなものがふわふわ出て来て、服に着いて取れなくなってしまうんです。

実はこれ、洗濯槽にこびりついていた汚れが、洗剤で中途半端にゆるんで、剥がれて出て来てしまうのが原因です。

エスケー洗濯槽クリーナーの使い方と口コミ・驚異的な汚れ落ちにドン引き
エスケー洗濯槽クリーナーの使い方と口コミ・驚異的な汚れ落ちにドン引き 最近、洗濯機から洗濯物を取り出す瞬間になんとなくモワ~っと臭う時があって。ちょっと気になるな・・・と思いつつ過ごしていたある日、白いシ...

業者のクリーニングであれば、部品を外して物理的にこすり洗いをするので、残ったカビがいつまでも浮いてくることがありません。

2. 専用洗剤を使うので効果が高い

洗濯機クリーニングは、まだまだ新しい技術。市販の洗剤で十分な効果が期待できるものはまだ少なく、汚れを分解するまでに時間がかかりすぎることも。

その点、ダスキンやおそうじ本舗など、大手ハウスクリーニング業者は専用洗剤を開発しているため、短時間で高い洗浄効果が期待できます。

セルフクリーニングは、カビを取り除くというよりも、業者のクリーニングでキレイになった状態を「維持」するためにやります。

目安としては、業者のクリーニング3年に1回、自宅でのクリーニングは、2〜3ヶ月に1回くらいが良いでしょう。

デメリット

洗濯機クリーニングのデメリットは、なんといっても費用がかかることです。

縦型洗濯機の相場が8万円〜10万円くらいであるのに対し、クリーニング費用が15,000円くらいかかるので、ちょっと割高だと感じてしまいます。

しかし、その他には目立ったリスクも、デメリットもありません。

洗濯機は分解掃除しても壊れるというトラブルが非常に少なく、あったとしても、年間に数件、エラーメッセージが出るくらいの軽いものだそうです。

特にドラム式の洗濯機は買い換えると高額なので、衣類が生乾きになる・臭う、などの悩みを抱えている方は、一度プロのクリーニングを試してみてはいかがでしょうか?

 

ABOUT ME
みほじさん
みほじさん
関西在住、3児の母で、ワンオペワーママです。
忙しい毎日だから、家事はなるべく効率よくやりたい。業者もうまく活用したいとは思いつつも、調べるのが大変。それに、広告だらけで、何が信頼できる情報なのか分からない。
だから、私とお友達主婦で、実際にハウスクリーニングや家事代行を使ってみた本音の感想をブログに書くことにしました。
LINE @rakurakujitan
>> 詳しいプロフィールはこちら