キッチンクリーニング

キッチンクリーニングの料金相場は?おすすめ業者と6社の料金比較

キッチン(台所)のクリーニングを業者に依頼すると、料金相場は16,000円〜18,000円くらい。所要時間は2時間〜3時間くらいです。

各社の料金を調べて表にまとめました。大掃除などで業者に依頼する時、参考にして頂ければと思います。(※料金は全て税込)

キッチンクリーニング

社名料金(税込)時間
おそうじ本舗18,150円2時間
くらしの
マーケット
12,000円
〜20,000円
1.5時間
〜2時間
おそうじ革命16,500円3~3.5時間
ダスキン18,700円2~3時間
ヤマダ電機16,500円2時間
コープ16,500円(関西)
19,800円(関東)
不明

コンロ、特に五徳まわりの汚れは、油が固まってカチカチになっているので、ちょっとこすったくらいでは取れません。

業者に掃除を頼むと、部品や天板をドライバーで外して分解し、ひとつひとつ洗うのでピカピカになります。

また、頑固な油汚れは業務用洗剤と熱湯で漬け置き洗いするので、家庭で掃除をするよりも非常にきれいになります。

洗剤に漬け込むと油汚れが溶け出していく

ハウスクリーニング業者を選ぶ時のチェックポイント

おそうじ本舗おそうじ 革命くらしの マーケットダスキン
料金
複数割引
防カビ仕上げ
お客様対応
土日対応
駐車場代
対応エリア
おすすめ点数17点15点15点12点
こんな人に おすすめ価格は安くても技術力を求める人エコ洗剤使用 安心で安いのがいい人個人業者を比較して安く頼みたい人丁寧なお客様対応を重視する人
※◎・・・3点、◯・・・2点、△・・・1点で換算

おすすめの業者さん4選

おそうじ本舗
サービス内容と金額のバランスがもっともよく、料金が安いのがおそうじ本舗。キッチンの照明や吊り戸棚など、他社では範囲外になる掃除も料金内でやってもらえる
予約の取りやすさや、早朝・深夜対応などのきめ細かいサービスなど、ユーザーのことをよく考えている。
口コミでは、とにかく作業がテキパキして手際が良いってのが多いみたい。
オススメ度
ここが良い
  • 金額と内容のバランスが良く初心者にいちばんオススメ
  • 店舗数が業界No.1なので予約しやすい
  • 女性スタッフをお願いできる
  • 無料で訪問見積りしてくれるから、金額が正確
くらしのマーケット
業者さんの比較サイト。料金や口コミを見て、自分に合いそうな人を探してお願いできるのが特徴。
個人業者が多く、値段が大手と比較して2〜3割ほど安いのが嬉しい。
予約や業者さんとのやりとりをネットやアプリで手軽にできるのが便利。
オススメ度
ここが良い
  • 値段や口コミ、写真を見ながら比較検討できる
  • どんな人が来るのか事前にわかる
  • 思い立った時にネットですぐ予約できる
おそうじ革命
料金がどこよりも安く、とにかくコスパがよい。交通費などの諸費用も込みの価格表示がわかりやすい
店舗が関東と関西の都市部に集中しているので、地方だと依頼がしにくいが、費用を抑えて家をキレイにしたい方に最もオススメ。
オススメ度
ここが良い
  • 下請け業者や短期バイト、派遣スタッフなし
  • 土日祝も対応OK、割り増し料金なし
  • 諸経費全て込みの価格、パーキング代などを請求されない
  • エコ洗剤を使っているので、子どもがいる家庭でも安心

料金が安い=質が悪い訳ではない理由

ダスキンやべアーズなど、知名度の高い大きな会社は料金が高いです。 その主な理由は、お掃除以外のところにかかるコスト。

ハウスクリーニングをするサービスマン以外にも、お客様対応をする人や営業マンを抱えているため、その人件費がかかるからです

おそうじ本舗やおそうじ革命は個人経営をしている場合が多く、営業も自分1人でやっているのでコストがかかりません。

安さの理由は、営業コストが低いからなんですね。

必ずしも「料金が安い=掃除の質が悪い」という事ではなく、料金が安くてもしっかり掃除してもらえる会社も多いので、業者を選ぶ際の参考にしてください。

大手と個人どちらがいいのか

大手も個人もメリット・デメリットがあるので、どちらが良いというのは一概に言えません。

両方に依頼した経験上、大手は接客が丁寧で品質が安定していますが、ルールがきっちり決まっている分、融通はききにくいと感じました。

例えば我が家の床、コルクの天然素材なのですが、ダスキンさん「天然素材の床は水拭きしないように言われているので・・・」と、拭き掃除はNGでしたw

大手のメリット・デメリット

  • メリット・・・サービスの質が一定。お客様対応や営業の専門スタッフに対応してもらえる分、丁寧でマナーのよい接客が受けられる
  • デメリット・・・日程調整などに時間がかかる。ルールから外れる事はやってもらえない

個人経営のメリット・デメリット

  • メリット・・・サービスマンと直接、話ができるのでこちらの希望を伝えやすい。現場の判断にまかされているので、かなり柔軟に対応してもらえる
  • デメリット・・・お掃除をするサービスマンが自分でお客様対応するので、人によっては愛想がわるかったりする場合も。

ダスキンとおそうじ本舗のどちらが良い?

多くの人が比較して迷うのが「おそうじ本舗」と「ダスキン」どちらが良いかという点です。

結論から言うと、お掃除の内容は各社とも大きな違いはありませんなるべく安くしたいなら「おそうじ本舗」です。

土日対応OKなど、サービスが柔軟で便利なので、仕事で忙しい家庭でも依頼がしやすいです。

おそうじ本舗でレンジフードのクリーニングをした体験談はこちら

複数箇所の掃除を依頼するなら、ダスキンがおすすめです。 ダスキンは基本的に2人以上で訪問してくれるので、ハウスクリーニングが早く終わります。

おそうじ本舗はサービスマンが1人で来る場合も多く、換気扇とキッチンをお願いすると5時間くらいかかることもあり、立会いが大変になります。

ダスキンでキッチンと換気扇の掃除をした体験談はこちら

優先したいのは、価格なのか・時間なのかで判断してみてください。

キャンセルはいつまでOK?

ハウスクリーニングの日程変更やキャンセルをする場合、会社によって対応が違います。

おそうじ革命はホームページ上にルールが明記されていますが、ダスキンとおそうじ本舗は、支店・営業所によって違います

いつまでなら無料キャンセルできるのか、見積もり時にしっかり確認しましょう

おそうじ革命7日前からキャンセル料100%発生
べアーズ前日の昼12時までなら無料でキャンセルOK。
ダスキン
おそうじ本舗
支店や営業所によって対応が異なる。
よくあるパターン:
3日くらい前までならキャンセル料なし。
前々日、前日のキャンセルは30%〜50%。
当日は100%。

ハウスクリーニングと家事代行の違い

お掃除を専門にやってるプロが、プロの道具と洗剤で掃除をするのが「ハウスクリーニング」です。

掃除をお仕事にしている主婦の方が、その家にある掃除道具でやるのが「家事代行」です。

徹底的にきれいにしたい方、新築のような仕上がりを求める方は、ハウスクリーニングをおすすめします。

ハウスクリーニング家事代行
金額高い安い
道具専門の器具と洗剤を持参訪問先の家庭にある道具と洗剤
掃除をする人プロお掃除の得意な主婦
仕上がり完璧な仕上がり念入りな掃除程度
会社名・ダスキン ・おそうじ本舗 ・お掃除革命・ベアーズ ・タスカジ ・Casy
こんな方におすすめ・水回りに集中して、徹底的にきれいにしたい ・新築のような仕上がりを求める方・普段からお掃除をしている方 ・リビングや廊下など広い範囲をキレイにしたい方

まとめ

キッチンの掃除が大変なのは、コンロの頑固な油汚れに加え、シンクの水垢など、汚れ方が複雑で手間がかかるからです。

素人では熱湯にパーツを漬ける作業が難しかったり、火傷をすることもあります。

こういった負荷の高い掃除だけを業者さんに任せて、他の場所の掃除は自分でやるのが、費用を抑えて楽に大掃除をするコツです。

私のオススメは、やはり「おそうじ本舗」さん。 料金が安く、そこそこ大手で、時間に融通がきくのでとても助かっています。

おそうじ本舗 公式ページ

私たち主婦が試してみた情報です

取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。