未分類

窓サッシの掃除に!マンゴーカットしたスポンジが手軽で便利だった

すっかりホコリが溜まり、窓を開けるたびに汚れが気になっていた寝室の窓サッシ。

考えてみると、ここ1年ぐらい掃除した記憶がない……。

サッシの掃除って、歯ブラシや隙間ブラシを用意したり、洗剤を流すための水を用意したりと、面倒そうでなかなかやる気が出ないんですよね。

でもさすがに掃除しないと…。

と思っていた時に、ネットで「スポンジをマンゴー切りして使ったら手軽にキレイになった」という情報を発見!

それなら簡単にできそう!と思い、重い腰を上げてやってみることにしました。

用意するもの

用意するものはこちらです。

用意するもの
  • スポンジ
  • ウタマロスプレー
  • 拭き取り用の雑巾
  • (スポンジをカットするためのカッターなど)

※切り込みが入るスポンジなら何でもOKですが、できればザラザラした硬い面がついているスポンジがおすすめです。カッターでの切りすぎを防げるし、スポンジがへたりにくいので使いやすいですよ。

今回はキャンドゥのキッチンスポンジを使用しました。

お掃除の手順はこの5ステップ!

お掃除の手順は下記の5ステップです!

  1. カッターでスポンジに格子状の切り込みを入れる
  2. 掃除機でサッシ部分の大きなゴミを吸い取る
  3. 汚れ部分にウタマロスプレーを噴きかける
  4. スポンジで往復しながら汚れを撫でていく
  5. 雑巾や不要な布で拭き取る

まずはカッターなどでスポンジに格子状の切込みを入れる

まずはカッターなどを使って、キッチンスポンジに格子状の切込みを入れます。

この格子状の切り込みがポイント!

この切り込みがマンゴーをカットしたときの形状に似ているので、『マンゴーカットスポンジ』と呼ばれることもあるようです。

掃除機でサッシ部分の大きなゴミを吸い取る

次に、サッシ部分の大きなゴミを掃除機で吸い取ります。

掃除機で吸えるゴミは先に取り除いておくと、後の作業が楽になりますよ。

汚れ部分にウタマロスプレーを噴きかける

大きなゴミが取り除けたら、サッシ部分にウタマロスプレーをぷしゅっと噴きかけていきます。

スポンジで往復しながら汚れを撫でていく

ウタマロスプレーの泡がじゅわじゅわしてきたところをマンゴーカットしたスポンジで撫でてみると……

切り込みを入れたところが、サッシの溝にフィット!

何度か往復したり、スポンジの位置を変えてみたりするうちに、汚れがみるみるキレイになりました!

レールの幅に合わせて、スポンジの位置を調整してみてくださいね。

最後に雑巾や要らなくなった布で拭き取れば完成

最後は水を流すことなく、雑巾や要らなくなった布でキレイに拭きとれば完成です。

マンゴーカットしたスポンジで掃除してみた感想

サッシの掃除って準備が大変そうというイメージだったのですが、今回の方法は隙間ブラシも不要、洗い流す水も不要なので、かなりハードルが下がりました!

スポンジが洗剤の水分を吸収してくれる感じなので、べちゃっとならず手軽に掃除ができるのも良かったところ。

サッシの掃除がめんどくさいと感じている方は、一度この方法を試してみてくださいね!

ABOUT ME
ラクジタン編集部
ラクジタン編集部
ラクジタン編集部は全員主婦のチームです✨ 毎日の家事を楽にして「自分の時間」を楽しみたい!主婦が実際に使ってみて「これよかったよ!」というお掃除・お役立ちグッズ、家事の裏技ちょっとしたコツなどなど発信中☺️
Line相談 QRコード
Line相談 QRコード

私たち主婦が試してみた情報です

取材記事の画像いろいろ取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。