未分類

キッチングリル排気口のドロドロ汚れを重曹でお掃除してみた

キッチングリル排気口ドロドロ汚れのお掃除

先日テレビでやっていた、重曹を使ったキッチングリル排気口のお掃除。

ふとわが家のコンロ奥を覗いてみると、実践できそうな感じの汚れがある…(笑)。

というわけで、さっそくチャレンジしてみることにしました!

キッチングリル排気口の掃除に用意するもの

今回準備したものはこちらです。

  • 重曹
  • 手袋
  • サンドペーパー(2000番)
  • お湯
  • キッチンペーパー

油汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹が効くようです。

サンドペーパー(いわゆる紙やすり)には、番手と呼ばれる表面の目の粗さを表す番号が付いています。
数字が小さいほど目が粗く、大きくなるほど目が細かくなります。

今回使用した2000番は、金属の汚れやサビ落としに使用する番手です。

サンドペーパーは100均でも売っていますが、今回はコーナンで88円で購入することができました。

お掃除の3ステップ!

お掃除の手順は、下記3ステップでOK!

  1. 重曹にお湯を混ぜて重曹ペースト作り
  2. 手袋をした手で重曹ペーストを汚れに塗る
  3. キッチンペーパーでパックしたあと汚れをこすり取る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①重曹にお湯を混ぜて重曹ペーストを作る

お掃除を始める前に、排気口の外れるパーツを外しておきましょう。

準備ができたら、まず重曹にお湯を混ぜて重曹ペーストを作ります。

今回はジップ袋を利用してペーストを作りました。

使用するのは沸騰したお湯でもOKですが、火傷にご注意ください。

②手袋をはめて、重曹ペーストを汚れに直接塗る

手袋をはめて、完成した重曹ペーストを汚れ部分に直接塗っていきます。

③キッチンペーパーでパックしたあと汚れをこすり取る

重曹ペーストを塗ったところにキッチンペーパーでパックをして、10分待ちます。

10分経過したら、まずは手袋でこすって汚れを落としていきます。

手だけである程度キレイになりますが、取れない汚れは軽く水で濡らしたサンドペーパーを使ってこすります。

サンドペーパーはガンコ汚れの救世主!

ひどい汚れもサンドペーパーのおかげでいい感じにキレイになりました。

かなり使い込んでいたグリル、こんな銀色の輝きは久しぶりに見ました(笑)

重曹ペーストを使った排気口掃除の感想

実際にお掃除してみて、重曹とお湯だけでできるのは手軽だし、サンドペーパーも併用すると頑固な汚れもキレイになったのでよかったです。

また、今回のようにジップ袋を使って重曹ペーストを作ると、余った分も残せるのでおすすめです。

少し残念だったのは、重曹ペーストを塗る時に少しずつ塗らないと塊が下に落ちてしまうこと。

拭き取る時もポロポロと崩れるので、取るのがめんどくさいなと感じました。

崩れにくい重曹ペーストがもしあったら最高。

コンロのメーカーによってはサンドペーパーでの研磨がNGな場合もあるので、事前に取扱説明書で確認してみてくださいね。

コンロ奥がキレイになると、お料理中の気分が上がりました!

ABOUT ME
ラクジタン編集部
ラクジタン編集部は全員主婦のチームです✨ 毎日の家事を楽にして「自分の時間」を楽しみたい!主婦が実際に使ってみて「これよかったよ!」というお掃除・お役立ちグッズ、家事の裏技ちょっとしたコツなどなど発信中☺️

私たち主婦が試してみた情報です

 取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。