家事代行

タスカジとベアーズの働き方の違いを比較してみた

タスカジとベアーズの働き方の違いを比較してみた

いつもお世話になっている【タスカジ】は、家事代行のフリーランス。自分の実力やスキル次第で、どんどん稼げることが最大の魅力でです。

テレビで大人気のギャル家政婦「makoさん」や、整理収納で人気の「seaさん」、予約のとれない伝説の家政婦「たーちゃん」など、カリスマとして個人で活躍する方が目立つことからも分かると思います。

実際、スタッフさんの約3割の方が2,100円という高時給で働いていて、月30万以上を稼ぐ方もいらっしゃるそうです!

そんな、タスカジの働き方ってどんな感じなのか?タスカジで働いてみたいと考えている方に、業界最大手の「ベアーズ」と比較しながら、メリットや特徴を考えてみました。

→ タスカジの登録について詳しく見る

タスカジと他社の時給の違い

タスカジの時給は、業界最高水準。スタートは1200円ですが、お仕事の数をこなして評価を得られると、自分の時給を上げることができる仕組みです。

最高時給は、なんと2100円。タスカジに登録している3割の方が2100円で働いているそうで、ごく一部の特別な人だけじゃないというのが驚きです。

対する「ベアーズ」は、業界最大手。大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でガッキーが演じていた家政婦の研修をしていたり、TVにも出ていたりと知名度がありますが・・・お給料はどのくらいなのでしょうか?

公式サイト:家事代行のベアーズ

比較してみると、ずいぶん違いますね!タスカジのほうが圧倒的に高時給です。

タスカジ1,200円 – 2100円
ベアーズ1,000円 – 1500円

今度は、依頼者が支払う金額についても見てみましょう。

タスカジ1,500円 – 2,300円
ベアーズ3,300円 – 4,000円

ベアーズのほうは、依頼主が支払う金額がかなり高いことがわかりますね。要するに、会社の取り分が半分以上あるという事です。

実は、ここの違いが、タスカジとベアーズの働き方の違いにつながっているんです。次の章で説明しますね。

研修体制の違い

ベアーズでは、会社の管理費が多い分、しっかりとした研修制度があり、営業担当者がお客様のフォローをするなど、安定した品質のサービスを提供する体制になっています。

家事代行べアーズさんを取材・業界トップレベルの値段と品質に迫る!家事代行べアーズさんを取材させて頂きました。 前々からどうしても取材したい!と思っていたのですが、その理由の一つに実際に利用した人...

一方でタスカジは、基本的に家事代行を頼みたい人と、やりたい人のマッチングを行うサービスなので、仕事内容に関しては個人に任されている面が多いのです。

タスカジ電話面接後、スタッフの自宅でテストを1回受けて終了。
研修中は無給
ベアーズ2日間の手厚い研修あり。マナーや立ち振る舞い、マニュアルに沿った独自研修後、教官とペアで現場研修あり。
研修中もお給料が出る

ベアーズは、先輩とペアになっての現場研修があったり、研修中のお給料が出るのが嬉しいですね!

タスカジとベアーズの働き方・比較まとめ

タスカジとべアーズ、それぞれのメリット・デメリットを働く人の目線で比較してみました。

タスカジで働くメリット・デメリット

メリット

  • お給料が高い
  • 働いている人にお金が入るシステム(事務局の取り分が少ない)
  • 個人事業主として働ける、お客様と直接コミュニケーションがとれる
  • 自分次第でめっちゃ稼げる
  • カリスマ家政婦がいる
  • 自分の得意や好きなこと、個性を活かして働ける

デメリット

  • 研修が少ない、とくに関西はほとんどない
  • お客様とのコミュニケーションは自分の判断で行う
  • 体調が悪くても代わりはいない
  • ひとりで活動することになるので孤独、横のつながりがない
  • 社会保険などの保障はない
みほじさん
みほじさん
タスカジの働き方は、いわゆる「フリーランス」。リスクは自分で背負う分、がんばったら報酬も大きいのが魅力。

働き方も個人にまかされている部分が多いから、自分のやりたい仕事を・自分のやりたいように思いっきりしたい!という方に特におすすめ。

ベアーズで働くメリット・デメリット

メリット

  • 研修が充実しているので、家事スキルが身に付く
  • 研修中も時給が出る
  • お客様との交渉を会社が全面的にやってくれるので安心
  • 急用や急病で急に休まないといけない場合、会社が代わりのスタッフを探してくれる
  • 営業担当者が仕事の相談に乗ってくれる
  • 社会保険完備

デメリット

  • お給料がそれほど高くない
みほじさん
みほじさん
安定した環境で、家事代行のスキルを磨きながら働きたいなら、べアーズが良さそう。

会社のバックアップ体制が手厚いし、社会保険完備で長く働くことができます

タスカジで働く方の口コミ

タスカジでお仕事をされている方は、なぜタスカジに登録したのか、実際に働いてみてどうだったのか、感想をお聞きしてみました!

Aさん 40代:料理代行

企業内の社員食堂で、数人の主婦の方たちと、まかないを作るお仕事をしていました。大量の食事をつくるのは体力的に厳しくなってきたので、タスカジに登録しました。家事代行は、他の人に気を使わず、自分の料理に集中できるのがいいと思います。あとは、作った料理にたいして「おいしい」という反応を直に聞けるのも嬉しいですね。

Cさん 30代:掃除代行

他社でお掃除の家事代行を数年やってきました。現場での対応については、かなり細かく決められていたので・・・「もっとここもきれいにしたい」と思っても、規約上できないことが多く、不完全燃焼に感じることがありました。
あとは、お客様が支払っている金額が多いわりに、自分が受け取る金額があまりに少ないと感じたので、もっと稼げるタスカジに登録しています

Bさん 40代:料理代行

お料理教室を主宰して、薄味で栄養価の高い、健康的な料理のレッスンをしています。自分で事業をしていると、集客にパワーが必要なのが悩みでしたが・・・タスカジは依頼主さんのほうからお仕事のオファーが来るので助かります。
お料理の時間は至福の時間。お料理以外のことで悩む時間が減り、大好きなお料理が思いっきりできるのが嬉しいです。

タスカジさんにインタビュー

私がよくお料理の作り置きをお願いしている方にも、詳しくお話を聞いてみました。

みほじさん
みほじさん
タスカジさんの仕事って、どんなところが良いとか、どんな人が向くとか、ありますか?
タスカジさん
タスカジさん
一人で、自分のペースで仕事をしたい人に向いているかもしれませんね。

これは意外な答えでした、「自分のペースで仕事ができる」。でも、たしかにそうですね。
一般的なパートの仕事だと、いろんな人と協力しながらペースを合わせて働くことが多いと思いますが、タスカジさんは、システムを通じて依頼者との個別契約で仕事をする働き方ですので、フリーランスと同じです。

私自身も、長年フリーランスとして仕事をしているので、その気楽さ・やりがいは、なんとなく分かる気がしました。

みほじさん
みほじさん
お仕事ってたくさん来ますか?
タスカジさん
タスカジさん
私はあまり空きを入れていないのもありますが、空き枠を作ると、いつも一瞬で埋まってしまいますw 思っている以上に、家政婦サービスの需要があるのだなあと思いますね。
みほじさん
みほじさん
なんと!どんな方のご依頼が多いのですか?
タスカジさん
タスカジさん
いろいろですよー。産後や育休中のママや、フルタイムで働いている方、お子さんが大きくなっている年配の方まで幅広いです。

これも意外でした!身近でタスカジさんを使っている方をあまり知らなかったんですが、知ってる人は知ってるんですねー。

みほじさん
みほじさん
いろいろ聞いてすいません。最後に、どんな依頼者だと仕事しやすいとか、あります?
タスカジさん
タスカジさん
これといってないのですが・・・丸投げよりは、好みの傾向を教えてもらえたほうが助かりますね。あと、気を使って、いろんな食材や道具を揃えなくても大丈夫です。なんとかなります。
みほじさん
みほじさん
すばらしい・・・!

プロ主婦の方ってすごい・・・!家事が全般的に苦手な私にとっては、家事が生きがいになっているということに、ただただ、尊敬の念しかありません( ;∀;)

素晴らしいスキルをお持ちの主婦の方が、たくさんタスカジに登録して、活躍してくださるといいなあと思います。
関東でも関西でも、電話で気軽に面接が受けられますので、一度、登録を試してみてはいかがでしょうか?

→ タスカジの登録について詳しく見る


ABOUT ME
みほじさん
みほじさん
関西在住、3児の母で、ワンオペワーママです。 忙しい毎日だから、家事はなるべく効率よくやりたい。業者もうまく活用したいとは思いつつも、調べるのが大変。それに、広告だらけで、何が信頼できる情報なのか分からない。 だから、私とお友達主婦で、実際にハウスクリーニングや家事代行を使ってみた本音の感想をブログに書くことにしました。 LINE @rakurakujitan

私たち主婦が試してみた情報です

取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。