洗濯機

服が古着屋のニオイ?そんな衣類はオキシ漬けで解決

寒くなってきたのでそろそろ冬物のトレーナーを出そう!

と、久しぶりにお気に入りのスウェットを出してきたら…なんか臭う!

この臭い、どこかで出会ったことあるなーと思っていたら、古着屋の臭いでした。

ちゃんと洗ってから収納したのに…ショック!

古着屋の臭いって、いったい何が原因なのか気になり調べたところ…

どうやら服の繊維に染み付いた汗や体臭、皮脂が時間の経過で酸化したのが原因らしい!

着る前にどうにかキレイにリセットしたいー!

というわけで、酸性の皮脂汚れに効くであろうアルカリ性のオキシクリーンで、におい落としに挑戦してみました!

皮脂汚れの付いた衣類をオキシ漬けする方法

まずは衣類が漬けられる容器を用意し、40℃のお湯4リットルに対しオキシクリーンをキャップ1杯を入れて溶かします。

その中に臭いが気になる衣服を漬けて、20分ほど置いておきました

すると…

すごい色の汁が出てきたー!

どこからそんな汚れが出てきたのか…、漬けてあったお湯が衝撃の色に染まりました。

想像以上に皮脂汚れが潜んでいた模様…。

最後は、キレイな流水でしっかりすすいだらOKです!

干す前に、ネットに入れて洗濯機で軽く脱水しておきました。

脱水後は、いつも通りに干したらOK。

今回は型崩れ防止のため、ハンガーを使わずに干しました。

オキシ漬けの結果

オキシ漬けした結果、古着屋の臭いは完全になくなりました!

収納前にもきちんと洗濯していたのに、まさかの古着屋の臭いがしたときはショックでしたが、オキシ漬けの力でまた今年も気持ちよく着ることができそうです。

やっぱりオキシ漬けはスゴイ!

ABOUT ME
ラクジタン編集部
ラクジタン編集部は全員主婦のチームです✨ 毎日の家事を楽にして「自分の時間」を楽しみたい!主婦が実際に使ってみて「これよかったよ!」というお掃除・お役立ちグッズ、家事の裏技ちょっとしたコツなどなど発信中☺️

私たち主婦が試してみた情報です

 取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。