2019年・最新キャンペーン情報はこちら
未分類

時短できたら、やりたいこと

今年は、長女が高校に進学!今週から授業がスタートして通学がはじまり、彼女の生活も私の生活も、おおきく変わりました。

いつも8時まで寝て、ギリギリに学校いってたのに、今は6時に起きて私の指導のもとでお弁当つくって、1時間半かけて、電車のって学校に通うという。土曜日もふつうに授業あるので、今日も学校へ出かけていきました。

遅刻に厳しい学校なので、私も、学校に間に合うのかと気が気じゃ無い。距離的にも遠いから、さっと車で送ればなんとかなる話でもないし。
帰りも、もちろん遅くなります、暗くなってから帰ってくるので、帰ってくるまで、ずっとそわそわ。

一週間ながいー、もーしんどいー、やめたいー、って言うので、若いしすぐ慣れるし自信つくから頑張れよ、と返したのでした。

新しい生活の始まりが、春でよかった。春というだけで、なんだか気持ちが明るくなるし、バタバタたいへんなのも、まあ頑張れる。

子どもの自主性にまかせるのは大事だけど、放置するのとは違うと思った

今までずっと、子どものことは子どもの自主性にまかせとく考え方が強くて、ほとんど何にも口をださず手も出さずに来たんだけど・・・ここ最近、子どもの持ってる可能性すごい!と思うような場面をいろいろ見て、すこし考え方が変わりました。

例えば、お仕事の関係で見学させていただいた、バレエ教室の生徒さんたちの、堂々とした姿。子ども向けのプログラミング教室で見た、小学生の子どもたちの得意顔。

子どもって、ここまで出来るの?!と、驚きの連続でした。子ども時代に、自分がここまでできた、という成功経験は、きっと大きくなっても、その子に自信を与えてくれるだろうなあ、とも思いました。

そして、そういったお子さんたちを支える、親御さんや教育者の方の努力にも、頭が下がりました。

子どもにまかせる、子どもの自主性を重んじるのは大事だけど、その「まかせてもよい場」をつくる努力の部分は、親だって汗をかかないといけないのでは、と思ったのです。

自分はどうだったかな?と思って、正直なところ、反省の気持ちが強かったのです。忙しさに追われて、自主性と放置を、都合よくすり替えてなかっただろうか、と。

もっと時短を極めて、子どもたちによい環境と機会を作りたい

よい環境や機会が与えられて、その子にぴったりマッチしたら、子どもは飛躍的に成長するのかもと思って、今年はできる限り、自分の生活と折り合いをつけながら、子どもたちにいろんな事させてみようと思っています。

ひとまず学校のことを知って先生たちと関係を構築しようと、重い腰を上げて、小学校と高校のPTAに手をあげてみました。

また考え方が変わって、やっぱり放置だとか言ってるかもしれないけど、ひとまず今年はこの方針で。

そのためにも、もっともっと、生き方の効率化・時短をめざすぞ!

ABOUT ME
みほじさん
みほじさん
関西在住、3児の母で、ワンオペワーママです。 忙しい毎日だから、家事はなるべく効率よくやりたい。業者もうまく活用したいとは思いつつも、調べるのが大変。それに、広告だらけで、何が信頼できる情報なのか分からない。 だから、私とお友達主婦で、実際にハウスクリーニングや家事代行を使ってみた本音の感想をブログに書くことにしました。 LINE @rakurakujitan

私たち主婦が試してみた情報です

取材件数は1年で30回以上。ハウスクリーニングや家事代行を自分たちで申し込み、実際に利用してみました。
サービスだけじゃなくて、申し込みのやりとりの段階から、対応はスムーズなのか、親切な人が接客してくれるのか?等も含め、チェックしています。
世の中に完璧なサービスは存在しないと思うので、イマイチだなと思ったことも、正直に書くようにしました。